自動追尾システムによる挙動計測

概要

ダムや地滑り地帯の重要構造物の挙動を把握するために、高精度トータルステーションを用いて計測を行っています。 高精度トータルステーションで水平角・鉛直角・距離を測定し、三次元座標に換算して測量時の三次元的位置を求めます。

特徴

  • 地形的に急峻な山間部に立ち入ることなく、24時間の無人観測が可能
  • 観測インターバルの設定により、定時観測が可能
  • 観測結果はシステムのDBに保存され、テキストデータに変換することにより市販のアプリケーション等での処理が可能
  • 管理値設定機能により、その許容値を超えた場合に警報を発令することができ、異常の早期発見が可能
  • トータルステーションの距離測定に必要な気象補正計算は、別途気象観測装置で取得した気温・気圧により、距離補正量を自動演算

用途

  • 土木構造物全般の変位計測

実施例

  • アーチダム構造物の変位計測

  • アーチダム構造物の変位計測

  • フィルダム構造物の変位計測

  • フィルダム構造物の変位計測

  • 観測設備設置状況

自動追尾システム構成図

観測使用機器の仕様