水文・環境調査

リアルタイムで高精度に河川・水路の流量を測定

ADCP(多層超音波ドップラ流向流速計)による流量測定

ADCPは、水中の流れとともに移動する懸濁物質等からの反射波を利用して、鉛直方向の流速分布を測定することにより、横断面の流量を瞬時に精度良く算定するシステムです。

大きな河川でも、簡易な仮設で測定できるので、安全性の向上と作業の効率化に大きな効果があります。また、これまで測定困難だった浅い河川(水深10cm以上)にも適用が可能です。

詳細ページ
PDF(カタログ)

水路内の流量を高精度に連続測定

超音波ドップラ流速計と水位計の併用による流量測定

超音波ドップラ流速計と水位計を測定断面に併設し、その断面の流速と水深を測定することにより、連続的に流量測定を行います。トンネル、暗渠、開渠など断面形状が一定の水路内の流量管理に最適です。

詳細ページ
PDF(カタログ)

鉄管内の流量を外面から高精度に測定

可搬型超音波流量計による流量測定

 搬型超音波流量計は、鉄管の外側に取り付けた2個のセンサーから超音波を内部に発信し、超音波の上流方向と下流方向の伝搬時間の差より流速を求める装置です。

 水力発電所の発電電力と水圧鉄管流量との関係(P-Q曲線)を的確に把握するための流量測定方法として最適です。
詳細ページ
PDF(カタログ)

調査の目的、場所等に適した調査項目・方法を提案

河川、ダム湖、湖沼の水質調査

 当社では、河川、ダム湖、湖沼を対象に、水質・底質モニタリング調査、環境アセスメント関連の水質現況調査、水質汚濁の原因・対策に係わる調査・分析など、豊富な実績を有しています。

 これらの実績を踏まえ、水質調査の目的や対象箇所の特性を考慮した最適な調査計画を提案します。
詳細ページ
PDF(カタログ)

浸水ハザードマップを簡易に作成

浸水ハザードマップ作成モデル

 浸水ハザードマップは、対象区域の排水設備調査などから区域全体の排水能力を算出したうえ、任意の降雨量に対する冠水・滞水シミュレーションが行える降雨・流出モデルを構築して作成します。

 完成した浸水ハザードマップは、対象区域における排水設備等の弱点を的確に把握し、具体的な浸水対策や排水設備の増設計画の立案など様々な用途に利用できます。

詳細ページ
PDF(カタログ)