コンクリート構造物・鋼構造物の調査診断および改修設計

最新の調査技術を駆使してコンクリートの劣化度を診断

コンクリート劣化度の調査・診断

 コンクリート構造物の状態や環境条件に応じて、圧縮強度、ひび割れ深さ、中性化深さ、含有塩分量、自然電位などの調査手法を用いて、現状の劣化度の判定、将来の劣化進行状況の予測、対策要否の判定などの総合的な診断を行います。

また、必要に応じて調査・診断結果を踏まえた最適な補修・補強対策を提案します。

詳細ページ
PDF(カタログ)

コンクリートの浮き・はく離を非破壊で定量的に判定

FFTアナライザーによるコンクリート打音調査

 コンクリート構造物の表面をハンマ-で打撃し、得られる応答音をFFTアナライザーで波形解析することにより、コンクリートの浮き・はく離等の有無、状況を定量的に判定します。

 従来の人力による打音点検と異なり、人によるバラツキがなく、浮き・はく離箇所の形状・厚さの推定や調査データの記録・確認が可能です。

詳細ページ
PDF(カタログ)

高所、狭隘部など目視困難な箇所も簡単に点検

保守点検用複眼カメラによる細部点検

 保守点検用複眼カメラ(ジェイアール総研エンジニアリング社製)は、通常では目視点検ができない高所、狭隘部等の構造物の細部を点検する装置で、2つのカメラにより同時に2方向の点検・調査・記録が可能です。

 カメラ先端には照明装置を内蔵しており、狭く暗い場所でも十分な明るさを確保することができます。

 足場の架設が不要のため、安全かつ低コストで点検・調査を行え、橋梁支承部、ボーリング孔内、各種配管内部などの点検・調査に威力を発揮します。

詳細ページ
PDF(カタログ)