画像による構造物の劣化・変状調査

トンネル点検の安全性向上と効率化を実現

走行型トンネル撮影システム

本システムは,複数台のデジタルビデオカメラを用いて走行しながらトンネル覆工部を撮影し,コンクリート表面の状態を画像化することにより、ひび割れ、漏水等の劣化・変状を精度良く検出するシステムです。 得られた画像データを劣化・変状展開図に変換し、当社で開発した「CrackDraw21」に入力することにより、設備の状態確認や劣化・変状特性の分析などきめ細かな設備管理を行うことができ、大規模地震後の健全度確認などへの対応も容易です。

詳細ページ
PDF(カタログ)

構造物の劣化・変状を見える化し、設備管理業務を効率化

CrackDraw21

本システムは、コンクリート構造物や鋼構造物の劣化・変状の分布状況を電子化し,3D表示など劣化・変状の大きさや分布状況を分かりやすく表示するとともに、変状数量等の自動計算機能により、劣化・変状のランク付けや進行状況の確認などを簡単に行えるシステムです。 また、長期間の点検記録,詳細調査データ、補修履歴,現場写真など各種情報を一括格納できますので、設備管理・保全情報の一元化が可能です。

詳細ページ
PDF(カタログ)

目視点検が困難な高層構造物壁面を画像により可視化

遠方自動撮影システム

本システムは,高性能の超望遠デジタルビデオカメラを用いて遠方から自動でダム、橋脚など高層構造物を撮影し,構造物表面の状態を画像化することにより、ひび割れ、漏水等の劣化・変状を精度良く検出するシステムです。 得られた画像データを劣化・変状展開図に変換し、当社で開発した「CrackDraw21」に入力することにより、設備の状態確認や劣化・変状特性の分析などきめ細かな設備管理を行うことができ、大規模地震後の健全度確認などへの対応も容易です。

詳細ページ
PDF(カタログ)

桟橋、護岸、橋梁等を海上から安定した状態で撮影

揺動制御型撮影システム

本システムは、デジタルビデオカメラとモーションセンサによる姿勢制御装置を用いて、揺動する小型船舶の船上から安定した状態で、桟橋、護岸、橋脚等を撮影し、目視が困難な箇所の劣化・変状を確認するシステムです。 得られた画像データを劣化・変状展開図に変換し、当社で開発した「CrackDraw21」に入力することにより、設備の状態確認や劣化・変状特性の分析などきめ細かな設備管理を行うことができ、大規模地震後の健全度確認などへの対応も容易です。

詳細ページ
商品動画
PDF(カタログ)