本文へスキップ
HOME 会社概要 業務内容 技術情報 受注実績 お問い合わせ リンク
「Crack Draw21」 コンクリート構造物等の劣化変状展開図作成・管理支援システム
               
概要
 本システムはコンクリート構造物や鋼構造物等の劣化・変状の分布状況を電子化し、3D表示など劣化・変状の大きさや分布状況をわかりやすく表示するとともに、変状数量等の自動計算機能により、劣化・変状のランク付けや進行状況の確認などを簡単に行えるシステムです。
 また、長期間の点検記録、詳細調査データ、補修履歴、現場写真など各種情報を一括格納できますので、設備管理・保全情報の一元化が可能です。
(NETIS登録番号 HR-030010)

特徴
■変状展開図作成者のメリット
 ・変状展開図を正確かつ効率的に電子化
 ・変状数量・座標位置を自動算出(工事数量の把握)
 ・目視による個人差が無い
 ・変状の見落としが無い
 ・短時間で展開図を作成可能
 ・画像により複数回の検証が可能
■データ管理者のメリット
 ・調査履歴,補修履歴を一元管理可能
 ・状況写真,詳細調査結果,空洞調査,地質情報等を保存可能
 ・地震津波等の災害時に短時間の安全評価が可能
 ・変状の経年変化が明瞭
 ・変状状況を立体視化(3D表示)が可能
 ・変状原因の総合評価が可能
 ・構造物の効率的維持管理、延命化が可能

用途
■土木海洋構造物
 ・トンネル(道路、鉄道、水路、洞道)、橋梁、港湾・空港構造物、防波堤
■建築構造物
 ・高層建築壁面、建築内壁、煙突
■電力設備
 ・ダム、導放水路、地下発電所空洞、ギャラリー、バレル、水槽、送電線鉄塔

実施例
山岳トンネル ボックスカルバート


橋梁 ダム

主な機能
作図方法
現場スケッチ図または画像データを背景に取込むことができます。
タブレット、マウスによりクラック等をトレースするだけで展開図が作成できます。

データ管理
フォルダにより、年度別の調査データを管理することにより、クラックの進行を的確に管理することができます。
数量自動計算
変状展開図を作成すれば、クラック長等は自動計算されます。また、データは、Excel等により利用することができます。

写真、ファイルの表示
展開図上に、現場写真およびファイル(Excel、Word、PDF等)を添付できます。
地層データ等の表示
展開図に地層データ、空洞調査データを同時に表示できます。
トンネルの評価を総合的に行うことができます。

3D表示(変状)
クラックの状況を3Dに表示することができます。また、ウォークスルーも可能です。
3D表示(画像)
展開画像を3Dに表示することができます。また、ウォークスルーも可能です。

その他の機能
■DXFへの書出し、読込みが可能(Auto CADに対応)
■SXFへの書出し、読込みが可能(建設CALS/EC、電子納品に対応)
■ブロックごとでの健全度評価(ランク、点数)の自動化(カスタマイズ)
■クラック密度の自動計算
■補修計画(費用算出)への利用 他

サービス内容
■「CrackDraw21」ソフトウェアの販売、リース
■「CrackDraw21」を使用した構造物(トンネル他)の調査業務